2015年度

2014年度

著書

原著論文

  • 大津洋暁, 菱拓雄,田代直明, 井上幸子,長慶一郎,緒方健人,馬渕哲也,榎木勉 (2015) 北海道東部のミズナラ造林地における土壌の炭素および窒素の蓄積様式−連続した0〜40年生林分を用いた解析. 九州大学農学部演習林報告 96: 1-15.

2013年度

著書

原著論文

  • Matsunaga SN,Niwa S, Mochizuki T, Tani A, Kusumoto D, Utsumi Y, Enoki T, Hiura T(2013)Seasonalvariation in basal emission rates and composition of mono- and sesquiterpenes emitted from dominant conifers in Japan. Atomospheric Environment69: 124-130.
  • 八代田千鶴・小泉透・榎木勉(2013) 誘引狙撃によるシカ捕獲技術の検証. 森林防疫 62:43-47
  • 榎木勉・矢部恒晶・八代田千鶴・小泉透 (2013) 誘引狙撃によるシカ個体数管理が苗木の食害軽減に及ぼず影響. 森林防疫 62:54-58
  • Chiwa M, Enoki T, Higashi N, Kumagai T, Otsuki K(2014) The increased contribution of atmospheric nitrogen deposition to nitrogen cycling in a rural forested area of Kyushu, Japan. Water, Air and Polution (印刷中)
  • Enoki T, Kusumoto B, Igarashi S, Tsuji K (2014) Stand structure and plant species occurrence in forest edge habitat along different aged roads on Okinawa Island, southern Japan. Journal of Forest Research (印刷中)

学会発表

2012年度

著書

  • 菱拓雄(2012.4) 分解者.森のバランス. 森林立地学会編.東海大学出版会.pp174-186

総説、雑文など

  • 菱拓雄(2012.11) トビムシ群集と土壌生態系(特集:トビムシ入門)昆虫と自然 47:13-16.

原著論文

  • Takuo Hishi, Naoaki Tashiro, Yuka Maeda, Sachiko Inoue, Keiichiro Cho, Kouhei Yamauchi, Taketo Ogata, Tetsuya Mabuchi (2012) Soil depth distribution and the patterns of alpha- and beta-diversity of families of soil Collembola in cool-temperate deciduous natural forests and larch plantations of northern Japan. Edaphologia 91: 9-20.
  • Kusumoto B, Enoki T, Kubota Y (2012) Determinant factors influencing the spatial distributions of subtropical lianas are correlated with components of functional trait spectra. Ecological Research (印刷中)
  • Matsunaga SN, Chatani S, Nakatsuka S, Kusumoto D, Kubota K, Utsumi Y, Enoki T, Tani A, Hiura T (2012) Determination and potential importance of diterpene (kaur-16-ene) emitted from dominant coniferous trees in Japan. Chemosphere 87: 863-893.
  • Yoshio Kijidani, Noriko Sakai, Keita Kimura, Yoshitake Fujisawa, Yuichiro Hiraoka, Junji Matsumura, Shinya Koga (2012) Termite resistance and color of heartwood of hinoki (Chamaecyparis obtusa) trees in 5 half-sib families in a progeny test stand in Kyushu, Japan Journal of Wood Science 58(6):471-478
  • 長慶一郎,榎木勉田代直明,馬淵哲也,井上幸子(2013)九州大学北海道演習林におけるエゾジカ有害鳥獣捕獲の効率とコスト. 九州大学演習林報告 94: 30-39.
  • 榎木勉・久保田勝義・鍛治清弘・壁村勇二・椎葉康喜・井上幸子・内海泰弘(2013)九州大学宮崎演習林の長期森林動態モニタリングプロット. 九州大学演習林報告 94: 40-47.
  • 山内康平・井上晋・壁村勇二・大崎繁・井上一信・長澤久見・扇大輔・古賀信也菱拓雄榎木勉今村雄太大津洋暁高橋一太小倉美保桑原花安田悠子内海泰弘 (2013)九州大学福岡演習林の植物相. 九州大学演習林報告 94: 48-73.

学会発表

  • 菱拓雄,浦川梨恵子,田代直明前田由香,柴田英昭(2013.3)北海道東部において斜面地形が窒素無機化特性の季節性に与える影響.第124回日本森林学会大会 盛岡
  • 大津洋暁菱拓雄田代直明,長慶一郎,井上幸子,緒方健人,馬渕哲也,榎木勉(2013.3)北海道東部のミズナラ造林地における土壌の炭素および窒素の蓄積様式―0~40年生林分の比較ー.第124回日本森林学会大会 盛岡
  • 福澤加里部,浦川梨恵子,菱拓雄,柴田英昭,宮本敏澄,舘野隆之輔(2013.3)北海道の冷温帯林における土壌の窒素無機化の変化に対する細根の応答.第124回日本森林学会大会 盛岡
  • 宮本敏澄,幸田圭一,菱拓雄(2013.3)積雪深が異なる地域間でのリター分解およびリター分解菌群集の比較.第124回日本森林学会大会 盛岡

2011年度

著書

  • 菱拓雄(2011. 11) 森林と土壌動物.北海道の森林.北海道新聞社.pp.190-195

総説など

原著論文

  • 壁村勇二・椎葉康喜・久保田勝義・鍜治清弘・長澤久視・榎木 勉 (2012) コウヤマキ植栽木のサイズおよび斜面上の位置による樹高成長の違い. 九州大学農学部演習林報告 93: 1-5.
  • 長 慶一郎; 原 秀穂; 菱 拓雄; 田代 直明; 馬渕 哲也; 井上 幸子; 山内 康平; 緒方 健人; 古賀 信也(2012.3) カラマツ林における風倒木放置が残存立木のカラマツヤツパキクイムシ被害に与える影響. 九州大学農学部演習林報告 93: 6-11.
  • 鍜治清弘・久保田勝義・壁村勇二・椎葉康喜・井上幸子・馬渕哲也・榎木 勉 (2012) 九州山地の高標高地に植栽したヒノキ挿し木と実生の初期成長. 九州大学農学部演習林報告 93:17-20.
  • 久保田勝義・壁村勇二・鍜治清弘・椎葉康喜・南木大祐・内海泰弘榎木 勉 (2012) 宮崎演習林の学術参考保護林と見本林(V). 九州大学農学部演習林報告 93: 21-27.
  • Enoki T, Inoue T, Tashiro N, Ishii H (2011) Aboveground productivity of an unsuccessful 140-year-old Cryptomeria japonica plantation in northern Kyushu, Japan. Journal of Forest Research 16: 268-274.
  • Ishihara MI, Suzuki SN , Nakamura N, Enoki T, Fujiwara A, Hiura T, Homma K, Hoshino D, Hoshizaki K, Ida H, Ishida K, Itoh A, Kaneko T, Kubota K, Kuraji K, Kuramoto S, Makita A, Masaki T, Namikawa K, Niiyama K, Noguchi M, Nomiya H, Ohkubo T, Saito S, Sakai T, Sakimoto M, Sakio H, Shibano H, Sugita H, Suzuki M, Takashima A, Tanaka N, Tashiro N, Tokuchi N, Yakushima Forest Environment Conservation Center, Yoshida T, Yoshida Y (2011) Forest stand structure, composition, and dynamics in 34 sites over Japan. Ecological Research 26:1007-1008.

学会発表

  • 菱拓雄, 前田由香, 田代直明,井上幸子,長慶一郎、山内康平、緒形健人,馬渕哲也(2011.5)十勝内陸部の落葉広葉樹林およびカラマツ人工林において斜面地形がトビムシの各分類群の多様性パターンに与える影響.第34回日本土壌動物学会大会 札幌(ポスター優秀賞受賞)
  • 菱拓雄, 前田由香, 田代直明,井上幸子,長慶一郎、山内康平、緒形健人,馬渕哲也(2012.3) 生育地と樹種特性が葉リター分解に与える影響.第59回日本生態学会大会 滋賀

2010年度

著書

総説など

原著論文

  • Seikoh Saitoh, Takuo Hishi, Akinori Yamada, Nobuhiro Kaneko, Hiroshi Takeda (2010) Impact of deer overabundance on oribatid mite communities in a cool temperate forest ecosystem. Edaphologia 87:21-31.
  • Fujii S, Kubota Y, Enoki T (2010) Long-term ecological impacts of clear-fell logging on tree species diversity in a subtropical forest, southern Japan. Journal of Forest Research 15: 289-298.
  • 石原 正恵・石田 健・井田 秀行・伊東 明・榎木 勉・大久保 達弘・金子 隆之・金子 信博・倉本 惠生・酒井 武・齊藤 哲・崎尾 均・嵜元 道徳・芝野 博文・杉田 久志・鈴木 三男・高木 正博・高嶋 敦史・武生 雅明・田代 直明・田中 信行・�地 直子・並川 寛司・新山 馨・西村 尚之・野口 麻穂子・野宮 治人・日浦 勉・藤原 章雄・星野 大介・本間 航介・蒔田 明史・正木 隆・吉岡 崇仁・吉田 俊也 (2010) モニタリングサイト1000 森林・草原調査コアサイト・準コアサイトの毎木調査データの概要. 日本生態学会誌 60: 111-123.
  • 久保田勝義・壁村勇二・鍜治清弘・椎葉康喜・ 内海泰弘榎木 勉 (2011) 宮崎演習林の学術参考保護林と見本林(IV)九州大学農学部演習林報告 92:19-23.

学会発表

  • 菱拓雄, 前田由香, 田代直明(2010.5)北海道内陸部の落葉性広葉樹天然林および落葉性針葉樹人工林において斜面の方位がトビムシ群集に与える影響.第33回日本土壌動物学会 京都

2009年度

著書

総説など

原著論文

  • 前田由香, 菱拓雄, 田代直明, 馬渕哲也,井上幸子,長慶一郎,山内康平,緒方健人,久米篤 (2010) 九州大学北海道演習林のカラマツ人工林および落葉広葉樹天然林における斜面方位と斜面上の位置の違いによる植生の特徴. 九州大学演習林報告 91:1-6.
  • 菱拓雄, 前田由香, 田代直明 (2010) 九州大学北海道演習林の天然落葉広葉樹林およびカラマツ人工林における斜面方位に着目した土壌と大型土壌動物の特徴. 九州大学演習林報告 91:7-14.
  • 内海泰弘村田育恵,椎葉康喜,宮島裕子井上晋 (2010)宮崎県椎葉村大河内集落における植物の伝統的名称および その利用法 III.つる,竹. 九州大学演習林報告 91:15-18.
  • 鍜治清弘, 井上幸子, 久保田勝義, 椎葉康喜, 壁村勇二, 馬渕哲也, 内海泰弘, 榎木勉, 熊谷朝臣(2010)形状の異なる三種の獣害防除ネットにおけるスギ苗木保護効果の比較 . 九州大学演習林報告 91:19-23.
  • 久保田勝義, 壁村勇二, 鍜治清弘, 椎葉康喜, 内海泰弘, 智和正明, 榎木勉(2010)宮崎演習林の学術参考保護林と見本林(III) . 九州大学演習林報告 91:24-28.
  • 壁村勇二, 久保田勝義, 鍜治清弘, 椎葉康喜, 井上幸子, 馬渕哲也, 内海泰弘, 榎木 勉(2010)宮崎演習林における哺乳類目撃数のモニタリング. 九州大学演習林報告 91:29-33.
  • 椎葉康喜,内海泰弘(2010)宮崎県椎葉村大河内地区における焼畑農業. 九州大学演習林報告 91:29-33.
  • Yasuhiro Hirano, Kyotaro Noguchi, Mizue Ohashi, Takuo Hishi, Naoki Makita, Saori Fujii, Leena Finer (2009) A new method for placing and lifting root meshes for estimating fine root production in forest ecosystems. Plant Root 3:26-31.
  • Fujii Shinjiro, Kubota Yasuhiro & Enoki Tsutomu (2009) Resilience of stand structure and tree species diversity in subtropical forest degraded by clear logging. Journal of Forest Research 14:373-387.
  • Murata I., Saruki S., Kubota K., Innoue S., Tashiro N., Enoki T.& Inoue S. (2009) Effects of sika deer (Cervus nippon) and dwarf bamboo (Sasamorpha borealis) on seedling emergence and survival in cool-temperate mixed forests in the Kyushu Mountain. Journal of Forest Research 14:296-301.

学会発表

  • 菱拓雄, 前田由香, 田代直明(2010.3)道東の天然林およびカラマツ人工林で斜面方位が土壌特性とリターフォール量に与える影響.第57回日本生態学会 東京
  • 前田由香, 菱拓雄, 田代直明, 久米篤(2010.3)北方落葉樹林における斜面方位と樹木の窒素利用の関係.第57回日本生態学会 東京(ポスター優秀賞受賞)
  • 榎木勉, 池崎翔子, 宮沢良行(2010.3)ヒノキ人工林内に天然更新した広葉樹の生産性と窒素利用.第57回日本生態学会 東京
  • 田代 直明, 村田 育恵, 井上 幸子, 井上 晋, 久保田 勝義, 内海 泰弘, 榎木 勉(2010.3)シカ生息地におけるスズタケ群落による埋土種子相の保護.第57回日本生態学会 東京
  • 藤井新次郎, 久保田康裕, 榎木勉(2010.3)ニッチの差異に基づく林木種遷移の解析.第57回日本生態学会 東京
  • 楠本聞太郎井上貴文榎木 勉(2010.3)林分構造がツル植物の分布に与える影響‐地形及びよじ登り様式による違い‐.第57回日本生態学会 東京(ポスター最優秀賞受賞)

2008年度

著書

総説など

  • 小口理一,菱拓雄,谷友和,斎藤隆実,鍋島絵里(2009)植物の地上部と地下部を理解するために.日本生態学会誌. 59:71-82.

原著論文

  • Enoki T., Ueda M., Nanki D., Suwa R. & Hagihara A. (2009) Distribution and stem growth patterns of mangrove species along the Nakara River in Iriomote Island,southwestern Japan. Journal of Forest Research 14:51-54.
  • Inoue T., Enoki T., Tashiro N., Sakuta K. & Inoue S. (2008) Effects of topography and planted trees on the distribution of naturally regenerated broad-leaved trees in a 140-year-old Cryptomeria japonica plantation in northern Kyushu, Japan. Journal of Forest research 13:365-371.
  • 菱拓雄池崎翔子榎木勉(2009)福岡県御手洗水流域ヒノキ不成績人工林における下層植生の違いがササラダニの種多様性に与える影響.Edaphologia 84:11-20.
  • Saitoh S, Mizuta H, Hishi T, Tsukamoto J, Kaneko N, Takeda H (2008) Impacts of deer over abundance on soil macro-invertebrates in a cool temperate forest in Japan: a long term study'' (日本列島の冷温帯林における30年間の土壌動物相の変化と鹿類の影響の可能性).Forest Research, Kyoto, 77:63-75. (English with Japanese summary)
  • Hishi T, Fujimaki R, McGonigle? TP, Takeda H (2008) Relationships among fine roots, fungal hyphae and soil microarthropods among different soil microhabitats in a temperate coniferous forest of Chamaecyparis obtusa. European Journal of Soil Biology 44:473-477.
  • Hishi T, Takeda H (2008) Soil microarthropods alter the growth and morphology of fungi and fine roots of Chamaecyparis obtusa. Pedobiologia 52:97-110
  • Kusumoto B, Enoki T, Watabane Y (2008) Community structure and topographic distribution of lianas in a watershed on Okinawa, south-western Japan. Journal of Tropical Ecology 24:675-683
  • Kusumoto B, Enoki T (2008) Contribution of liana species, Mucuna macrocarpa Wall., to litterfall production and nitrogen input in a subtropical evergreen broad-leaved forest. Journal of Forest Research 13:35-42.
  • 楠本聞太郎榎木勉. (2008) 亜熱帯常緑広葉樹林におけるリターフォールの季節変化–地形による違い−九州森林研究 61:144-145.
  • Umebayashi T, Utsumi Y, Koga S,Inoue S, Fujikawa S, Arakawa K, Matsumura J and Oda K (2008) Xylem water conducting pathways of deciduous broadleaved trees growing in a northern temperate zone. IAWA journal Vol.29 (3): 247-263
  • 小林 元,古賀信也,岡野哲郎,田代直明 (2008) 応力波伝播速度測定によるカラマツ生立木の非破壊腐朽診断−九州大学北海道演習林と信州大学野辺山ステーションにおける調査事例−. 樹木医学研究12(3):9-12

学会発表

  • 菱拓雄池崎翔子榎木勉(2008.5)不成績人工林の下層植生が土壌小型節足動物群集の多様性に与える影響.日本土壌動物学会大会 沖縄
  • Fujii S, Kubota Y, Enoki T(2008.10)Ecological impacts of different clear-logging scenarios on tree species diversity in the subtropical oest, southern Japan. 6th Workshop of "Uneven- aged silvicluture" IUFRO 静岡
  • Oosako T, Kubota Y, Enoki T(2008.10) Effects of Pinus luchuensis plantation on secondary succession and stand dynamics of the subtropical forest in southern Japan. 6th Workshop of "Uneven- aged silvicluture" IUFRO 静岡
  • Kubota Y, Fujii S, Oosako T, Enoki T(2008.10) Resilience of subtropical forests degradaded by clear logging and potential management strategies.6th Workshop of "Uneven- aged silvicluture" IUFRO 静岡
  • Koga S, Kakada K, Muthavy P, Chan C, Mizoue N and Yoshida S (2008.11) Wood quality assessment of rubber tree (Hevea brasiliensis) planted in Cambodia. Asia Forest Workshop 2008 (Cambodia)
  • Kakada K, Mizoue N, Muthavy P, Tiva L K, Gyokusen K, Koga S, Shigematsu A, Yoshida S and Song Y (2008.11) Multiple functions of rubber plantation as forest and wood resources. Asia Forest Workshop 2008 (Cambodia)
  • 高橋徹,富田恵一,若杉郷臣,山田敦,折橋健,古賀信也(2008.11) 木質系バイオマス燃焼灰の安全性評価および有効利用.第19回廃棄物学会研究発表会(京都)
  • 楠本聞太郎榎木勉・久保田康裕(2009.3)ツル植物の個・葉形態と窒素含有量の種間比較-分布の地形依存性とよじ登り様式-.日本生態学会  第56回大会(盛岡)
  • 榎木勉・安田恵子・楠本聞太郎(2009.3)西表島仲良川流域のマングローブ林の動態とリターフォール.日本生態学会  第56回大会(盛岡)
  • 宮島裕子・久保田 勝義・ 井上 幸子・ 榎木 勉内海 泰弘田代 直明(2009.3)アカマツの個体サイズに定着初期の成長速度が与える影響.日本森林学会第120回大会 (京都)
  • 池崎翔子宮沢 良行・榎木 勉 (2009.3) 天然更新した広葉樹がヒノキ林の物質生産に与える影響.日本森林学会第120回大会 (京都)
  • 石川ねね・榎木 勉・太田 徹志・ 溝上 展也・吉田 茂二郎(2009.3) 皆伐後10年が経過した斜面の土壌特性に及ぼ・すシカ防護 ネットの影響.日本森林学会  第120回大会(京都)
  • 久保田 康裕・榎木 勉・ 吉田 俊也(2009.3)カナダ北東部・ニューファンドランドにおける針葉樹林の山火事撹乱と更新過程. 日本森林学会  第120回大会(京都)
  • 伊藤万理耶,古賀信也,中堀謙二,安江 恒 (2009.3) 信州および北海道におけるカラマツ造林木の年輪幅・年輪内密度の変動と気候要素の関係について.日本森林学会 第120回大会(京都)
  • 上村 佳奈, 古賀 信也, 吉田 茂二郎 (2009.3) 早期の間伐実施による立木密度調整と耐風性の関係.日本森林学会 第120回大会(京都)
  • MIZOUE N, KHUN K, PHENG M, GYOKUSEN K, KOGA S, SHIGEMATSU A and YOSHIDA S (2009.3) Multiple functions of rubber plantations as forest and wood resources.Project progress report.日本森林学会 第120回大会(京都)
  • Koga S,Kakada K, Pheng M, Chan C, Mizoue N, Yoshida S(2009.3) Wood quality assessment of rubber tree (Hevea brasiliensis) planted in Cambodia.第59回日本木材学会大会(松本)
  • 伊藤万理耶,中堀謙二,古賀信也,安江 恒(2009.3) 信州と北海道におけるカラマツ造林木の肥大成長の気候応答.第59回日本木材学会大会(松本)
  • 藤本高明,古賀信也(2009.3) 植栽密度の異なるカラマツ造林木の樹幹内木材密度変動のモデル化.第59回日本木材学会大会(松本)

2007年度

著書

  • M.H. ツィンマーマン、M.H. タイリー(訳:内海泰弘古賀信也,梅林利弘)(2007) 植物の木部構造と水移動様式,シュプリンガー・ジャパン,東京,283

原著論文

  • Umebayashi T, Utsumi Y, Koga S, Inoue S, Shiiba Y, Arakawa K, Matsumura J, Oda K. (2007)Optimal conditions for visualizing water-conducting pathways in a living tree by the dye injection method. Tree Physiology 27:993-999.
  • 榎木勉,柴田英昭,日浦勉,中静透. (2007) 日本におけるLTERの稼働−森林科学からのアプローチ−日本森林学会誌 89:311-313.
  • 榎木勉 (2007) 亜熱帯常緑広葉樹林の樹木における異なる空間スケールでの解析から検出される地形異存的分布パターンの変化−日本森林学会誌 89:329-335.
  • 井上貴文・長慶一郎・山内康平・鍛治清弘・椎葉康喜・井上一信・作田耕太郎・田代直明榎木勉井上晋(2007) 高齢スギ不成績造林地における広葉樹稚樹の分布.九州森林応用研究 60:64-66.
  • Takuo Hishi, Fujio Hyodo, Seiko Saito, Hiroshi Takeda (2007) The feeding habits of collembolans along decomposition gradients using stable carbon and nitrogen isotope analyses. Soil Biology and Biochemistry 37: 1820-1823
  • Takuo Hishi (2007) Heterogeneity of individual roots within the fine-root architecture: causal links between physiological and ecosystem functions. Journal of Forest Research 12: 126-133

学会発表

  • 楠本聞太郎榎木勉・渡邊康志・久保田康裕 (2008.3) 一流域におけるツル植物の分布と森林構造の関係(ポスター):第55回日本生態学会大会 福岡
  • 楠本聞太郎榎木勉 (2007.11) 亜熱帯常緑広葉樹林におけるリターフォールの季節変化−地形による違い−(口頭):第53回日本森林学会九州支部会 佐賀
  • 榎木勉池崎翔子・宮沢良行・楠本聞太郎井上貴文 (2007.11) ヒノキ林の林分構造と土壌特性の流域内における空間変異(口頭):第53回日本森林学会九州支部会 佐賀
  • Takuo Hishi, Reiji Fujimaki, Ryunosuke Tateno, Keitaro Fukushima, Naoko Tokuchi(2007.9)Chronological changes of a fine root cluster in anatomy, morphology and mycorrhizal infection in Cryptomeria japonica plantations.,4th international Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants.オランダ,テクセル島.
  • 菱 拓雄 (2008.03) 樹木細根系の生理機能と生態系機能における異質性 〜根には葉と枝のような機能ユニットはあるのか?〜(口頭)日本生態学会大会 福岡

2006年度

学会発表

  • 楠本聞太郎榎木勉 (2007.3) 亜熱帯常緑広葉樹林におけるツル植物の空間分布パターン(口頭)第54回日本生態学会大会 愛媛 自由集会:「南西諸島における亜熱帯林の動態と生態系保全」
  • 楠本聞太郎榎木勉 (2007.3) 亜熱帯常緑広葉樹林におけるツル植物の種組成および空間分布(ポスター):第54回日本生態学会大会、愛媛
  • 楠本聞太郎井上貴文榎木勉 (2006.11) スギ人工林放棄後の広葉樹二次林におけるツル植物の空間分布パターン(口頭)第62回日本森林学会九州支部会 宮崎
  • 井上貴文楠本聞太郎・長慶一郎・山内康平・鍛冶清弘・椎葉康喜・井上一信・作田耕太郎・田代直明榎木勉井上晋 (2007.3) 140年生スギ人工林における広葉樹の空間分布に与えるスギと地形の影響(ポスター):第54回日本生態学会大会 愛媛 

Last-modified: 2016-04-06 (水) 10:02:18 (352d)
Copyright 2008, Laboratory of Forest Production Control, Kyushu University, All Rights Reserved.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS