卒業論文、修士論文,博士論文(2016年度以降)

年度 種別氏名論文課題(学術誌発表)
2020年度
2020年度 博士修了Seonghun Jeong
鄭 聖勲
Influence of forest stand structure on stemflow in Japanese cedar and cypress plantations
Jeong et al., 2019a, Jeong et al. 2019b, Jeong et al., 2020
2020年度 修士修了Soe Moe NweThe effect of throughfall and stemflow reduction on soil moisture and sap flow of a Japanese cypress plantation
2020年度 修士修了上森 教慈異なる気候帯の森林における環境傾度に応じた有剣ハチ群集の形成メカニズムの解明
2020年度 修士修了川上 えりか3つの森林生態系における根滲出物放出量と根形態の関係性
Kawakami et al., 2022 )
2020年度 修士修了劉 源源スギ人工林と天然林から流出する水質の比較-土壌水化学成分の評価から-
2020年度 学士卒業福元 舞渓流内の窒素保持と地形の関係
2020年度 学士卒業藤井 結植物形質と菌根タイプが土壌環境及び土壌動物群集構造に与える影響
2020年度 学士卒業山田 侑加子土石流後の渓流における河床の安定性と地質
2019年度
2019年度 修士修了楊 茹森林域における窒素負荷に対する窒素流出の要因
2019年度 修士修了下野 皓平異なる斜面位置における純一次生産量と植生の窒素利用様式―竹林とスギ林の比較―
Shimono et al., 2021 下野ら, 2021
2019年度 修士修了彭 瑞欣山地渓流に連続して設置された堤高の異なる治山ダムと有機物貯留量
2019年度 学士卒業長野 菜穂窒素負荷増加に対するミズナラ蒸散の短期的応答
2018年度
2018年度 修士修了久保 朋也有機物貯留量からみた河川間隙水域の機能評価
2018年度 学士卒業上森 教慈九州中央山地における標高傾度に沿ったハチ群集の種、機能、分類群の構造の変化
Uemori et al., 2021
2018年度 学士卒業川上 えりかシカによる下層植生の衰退がリター分解に与える影響
Kawakami et al., 2020 川上ら, 2020
2017年度
2017年度 博士修了Sun Haotian
孫 昊田
Spatio-temporal streamflow generation under changing environment in a small forested headwater catchment
Sun et al., 2016, Sun et al., 2017
2017年度 修士修了張 璐窒素飽和した森林におけるリン沈着量の計測
2017年度 学士卒業下野 皓平竹林とスギ林における斜面位置による窒素蓄積様式の違い
2016年度
2016年度 修士修了李 彦達山地渓流のダム下流区間における有機物分解の季節変動 -Cotton-Strip Assayを用いて-
Li et al., 2020
2016年度 学士卒業古賀 瑞樹治山堰堤が渓流における有機物の滞留と破砕に与える影響について
2016年度 学士卒業久保 朋也有機物貯留量からみた河川間隙水域の機能評価
久保ら, 2018

Last-modified: 2022-05-11 (水) 09:51:47 (141d)
Copyright 2008, Laboratory of Ecohydorology, Kyushu University, All Rights Reserved.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS