*演習林流域環境制御学研究室のメンバー 2021年10月現在 [#oea4933d]
*演習林流域環境制御学研究室のメンバー 2022年4月現在 [#oea4933d]
|CENTER:20|CENTER:80|LEFT:100|c

**教員 [#qf103956]
|教 授|大槻 恭一&size(4){([[九大情報>https://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K000551/]] [[Pure>https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/kyoichi-otsuki]])};|森林流域における水・熱・物質循環|
|准教授|笠原 玉青&size(4){([[九大情報>https://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K004437/index.html]] [[Pure>https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/tamao-kasahara]])};|1.河川水質形成における河川間隙水域の役割 &br;2.人工構造物が河川生態系に与える影響|
|准教授|[[菱 拓雄>http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003168/index.html]]&size(4){([[九大情報>https://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003168//]] [[Pure>https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/takuo-hishi]])};|1. 森林の生産性と土壌の有機物分解機能の関係 &br;2. 土壌分解者群集の多様性維持機構|
|准教授|[[智和 正明>http://www.forest.kyushu-u.ac.jp/staff/chiwa/chiwa/Welcome.html]]&size(4){([[九大情報>https://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K002511/index.html]] [[Pure>https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/masaaki-chiwa]])};|1. 陸域の窒素循環 &br;2. ラワンブキ巨大化の原因を探る &br;3. シカはナトリウムをどこから得ているのか?|
|准教授|久米 朋宣&size(4){([[九大情報>https://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K006860/index.html]] [[Pure>https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/tomonori-kume]])};|1. 森林生態系の水・炭素循環 &br;2. 森林管理の影響評価|
|助 教|片山 歩美&size(4){([[九大情報>https://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K005658/]] [[Pure>https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/ayumi-katayama]])};|1. マレーシアにおける炭素循環 &br;2. 竹林における炭素・窒素循環&br;3. 奥山における土壌侵食がブナや土壌生態系機能に与える影響|

~
**非常勤スタッフ [#a5404cb8]


~
**博士課程 [#a5404cb8]
| D3 |楊 茹|森林域における窒素沈着量に対する窒素循環の応答性に関する研究|
| D2 |上森 教慈|標高傾度に沿った有剣ハチ群集の構造解析|
| D1 |阿部 隼人|森林生態系における粗大木質有機物の動態|

~
**修士課程 [#nf5b0f54]
| M2 |付 東川|硝酸還元酵素活性の樹種間差と硝酸塩溶脱に及ぼす役割|
| M2 |上谷梨咲|高密度非管理ヒノキ人工林における雨水配分|
| M2 |Larisa Ozdemir|Clarifying bamboo cycling in response to management practices and climate change|
| M1 |小山田美森|土壌侵食が森林土壌の生態系機能に与える影響|
| M1 |福元 舞|未定|

~
**学部 [#m73c8ccc]
| B3 |森田悠己|未定|
~
**研究生 [#m73c8ccc]
| RS |李周強|未定|

~~

#ref(pageadmin/DSCN0830(2).jpg,center,100%)
2019年12月4日(水)国際シンポジウム” Long-term monitoring for forest environment under the changing climate”(研究室設立20周年記念大ゼミ)
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS