ワシップ通信のもくじ

ワシップ通信2015

春の兆し

  • 4月に入って、本州ではサクラの開花が報じられていますが、北海道演習林では木々はまだ冬枯れの様子です。しかし、林内の雪も谷底と北側斜面を除いて大部分が融け,暖かい日差しが日に日に力を増すのを肌に感じます。日当たりの良い林内にはフクジュソウが一番乗りで黄色い鮮やかな花を咲かせ、フキノトウが沢沿いに芽を出しています。これから始まる春の兆しといったところでしょうか。長い冬の後だけに、より一層感動が大きいです。同じく春の風物詩ではハクチョウの群があげられます。冬の間、本州で越冬していたハクチョウたちが各地から北上し、シベリアに帰る準備をしています。木々が緑になるのももうすぐですね。
    Fukujyusou.jpg
    2015/4/7 谷地のフクジュソウ
    takuhoku.jpg
    2015/4/7 拓北の自然林と残雪
    Hakucyou.jpg
    2015/4/4 デントコーン畑で餌をあさるハクチョウたち
    ashoro_stadt.jpg
    2015/4/4 足寄の町並み
2015/4/13 Nakamura

冬の学校2015

  • 北海道演習林でフィールド科学研究入門・冬の北海道プログラム「冬の学校2015」が実施されました。九州大学の学部生を対象に、冬の寒冷地における生活技術、自然と文化、林業と木質バイオマスの利用等をテーマとした野外実習で朝から晩までみっちりと冬の北海道を体験してもらいました。スキー実習に始まり、雌阿寒岳西麓オンネトーのスノートレッキング、演習林での読図山行と森林観察、薪による炊事と風呂焚きやイグルー作りなど、盛りだくさんのプログラムがこの実習の楽しいところです。
  • 今年は実習期間の気温が異常に高く(0℃を越える)、冬の北海道らしさを体験するにはちょっと物足りない感じがしました。それでも、暖かい福岡から来た学生さんたちは雪景色を楽しむとともに、何かしらの体験・発見を持ち帰ってくれたようです。お疲れさまでした。

    2015-02-16-18-45-17_sa_resize.jpg
    2015/2/16 然別湖の氷上コタン見学

    2015-02-17-10-15-34(25)_dn_resize.jpg
    2015/2/17 糠平でのスキー技術研修

    2015-02-18-12-26-23_kk_resize.jpg
    2015/2/18 スキーを履いて氷結したオンネトーまで散歩

    2015-02-18-13-59-13_kk_resize.jpg
    2015/2/18 雪崩体験と救出の方法

    2015-02-19-14-24-04(366)_dn_resize.jpg
    2015/2/19 今どこにいるの?

    2015-02-19-16-31-54_sa_resize.jpg
    2015/2/19 薪でご飯を炊きます^ ^
    2015/3/3 Nakamura

とかち森の学校

  • 先週末、道立少年自然の家ネイパル足寄さんのイベント「とかち森の学校」 を北海道演習林で実施しました。今年はトドマツ植林で間伐体験と生き物の足跡探しをしました。間伐は、木々を適切な密度まで間引くことで植栽木の生長を促し、より良い質の木を育てるために必要な作業です。今回は小中学生の子供たちに手鋸やロープを使って傷ついた木や弱った木を対象とした間伐を体験してもらいました。当日は好天に恵まれ、みんな元気いっぱいで木を伐り、 枝を払って玉切りし丸太を軽トラに積んで持ち帰りました。トドマツの材は乾燥させてウッドクラフトに利用するそうです。
    2015-02-07-13-52-18_tn_resize2.jpg
    2015/2/7 作業前のレクチャー 北海道演習林18林班
    2015-02-07-14-18-51_tn_resize2.jpg
    2015/2/7 手鋸を使った伐倒 北海道演習林18林班
    2015-02-07-14-28-48_sa_resize.jpg
    2015/2/7 伐った木の玉切り 北海道演習林18林班
    2015-02-07-14-23-21_tn_resize2.jpg
    2015/2/7 ロープで木を引きずる 北海道演習林18林班
    2015/2/10 Nakamura

ひつじ年

  • 今年の足寄も新年早々寒い日が続いていました.しかし一転して今日は雨.2月の実習「冬の学校」の雪が心配です.
  • 山の雪は少ないものの,除雪なしでは車は入らない状態です.しかし山の奥での仕事はあり,除雪が間に合わない場合は自力で行くしかありません.
  • こんな時に重宝するのが山スキー.板の裏にシールという毛を付けて歩きます.この毛は逆毛になっているので,テクテクと斜面を登ることが出来ます.下る時にはシールを外せば滑ることが出来ます.
2015-01-05-14-22-22_sa.JPG
2015/1/5 カラマツ 北海道演習林20林班
  • 青空の下しばしの散歩.
2015-01-05-14-39-41_sa.JPG
2015/1/5 斜登行 北海道演習林20林班
  • 林道から外れ,最短距離を行きます.まっすぐ登ると辛いので斜面を斜めに登ります.
2015-01-05-14-58-12_sa.JPG
2015/1/5 拓北タワーより雌阿寒岳を望む 北海道演習林20林班
  • 40分かけて登ったのですが,下りはスキーのお陰で10分です.雪がもっとあれば林の中を滑り降りることが出来るのでしょうが,今の積雪量ではちょっと難しいです.
  • 寒い日が続きますが,皆様お身体にはどうぞお気を付け下さい.
    今年もワシップ通信をよろしくお願いします.
2015/1/6 sa


ページトップへ:鷲府通信のもくじ

Last-modified: 2015-04-13 (月) 17:36:30 (1500d)
Copyright 2005-2008, Ashoro Research Forest, Kyushu University, All Rights Reserved.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS