水質観測

  • 降水と渓流水の水質を長期モニタリングしています.北海道大学との共同研究で2001年にモニタリングが開始されました.
    降水の採取には降雨時開放型採雨器(2016年度終了)とバルク採雨器を用いて採水しています.渓流水の採取は上流が牧草地で下流が森林という通常の土地利用とは異なる流域で行っています.上流の汚れた汚染水が下流の森林でどのように水質浄化されるのかを観測しています.
    10年近くのデータが蓄積され,降水に関しては都市部でみられるような汚染は観測されず,かなり清浄地域であることがわかっています.渓流水に関しては,通常は森林で水質が浄化されていますが,水量が増える融雪期に高濃度の汚染水が流れている様子が観察されています.
2010-09-15-12-46-31.jpg
降雨時開放型採雨器(左)とバルク採雨器(右)


2014-01_Chiwa.jpg
渓流水採取河川(上ワシップ小川)



研究・観測サイトへ戻る

Last-modified: 2016-11-21 (月) 16:43:01 (2207d)
Copyright 2005-2008, Ashoro Research Forest, Kyushu University, All Rights Reserved.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS