学術参考保護林

  • 学術参考保護林は、特徴的な林相の林分を施業試験による伐採攪乱を及ぼすことなく保護することを目的としています。それぞれの林分において、見学、実習、調査研究活動が行われ、樹木学実習や調査における枝葉の採取など、研究教育上必要最小限の標本採取、および既存の歩道におけるササ等の刈り払いなど、最低限必要な管理が行われています。

    表-1 学術参考保護林
名称林小班面積
(ha)
ヤマナラシ4-と1.27
ヤエガワカンバ4-ち0.07
シラカンバ4-る0.75
ナラ5-わ,6-と,7-ゐ45.69
カシワ7-れ8.65
シウリザクラ10-6ろ0.35
キタコブシ11-1ろ1.72
ダケカンバ,ウダイカンバ,ハクウンボク13-15ろ4.66
ヤチダモ13-18い7.01
カツラ16-3は1.00
71.17




研究・観測サイトへ戻る

Last-modified: 2016-09-14 (水) 14:44:03 (2275d)
Copyright 2005-2008, Ashoro Research Forest, Kyushu University, All Rights Reserved.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS