野生生物観測

カメラセンサス

  • 中・大型動物種の生息確認を目的として林内に赤外線センサー式のカメラを設置しています.
    これまでにエゾヒグマ,エゾシカ,キタキツネ,エゾタヌキ,ユキウサギなどが撮影されています.
    2014-12-15-14-37-28_dn.jpg
    林内に設置された自動撮影カメラ
    wlm_cam_01.jpg
    撮影されたエゾシカ

ライトセンサス

  • エゾシカの個体数の変動を長期的に観測するために,2008年から春と秋にライトセンサス調査を行っています.年2回行うことで季節変化も観測出来ます.
  • この調査は日没後スポットライトを当てながら暗闇に光る目を見つけ,シカを探す調査です.見つけたシカの性別・年齢・角の数などを記録しています.
2009-10-14-19-09-58_nt.JPG
暗闇に光る目
  • ライトをあてると・・・
2009-10-14-19-10-02_nt.JPG
エゾシカ
  • シカ以外にも,キツネやタヌキ,ウサギやモモンガといった動物を見つけることもあります.
2009-05-14-22-28-11_nt.jpg
エゾユキウサギ


2013-05-24s.jpg
エゾモモンガ




研究・観測サイトへ戻る

Last-modified: 2016-09-15 (木) 08:27:30 (2277d)
Copyright 2005-2008, Ashoro Research Forest, Kyushu University, All Rights Reserved.
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS