九州山岳の森

宮崎演習林

宮崎演習林の位置

宮崎演習林庁舎のある大河内地区
 宮崎演習林は昭和14年に創設され,60年を経過しました.演習林事務所は宮崎県椎葉村大河内に置かれていますが,森林は標高1,000m〜1,600mに分布し,気温は低く,事務所(標高600m)の観測所でも厳寒時には氷点下10度に下がります.夏季に雨が多く,豊富な水は電力開発の貴重な資源であり,九州最大の貯水量を持つ一ツ瀬ダムの水源の一つになっています.しかし,集中豪雨が多く,時として,この膨大なエネルギーは流域の人々に災害の恐怖を与えてきました.

[トップページ] | [宮崎演習林のトップページ] | [次ページ]

『森・水・人』−学術の森による森林生態圏科学の展開