*演習林流域環境制御学研究室のメンバー 2017年4月現在 [#oea4933d]
*演習林流域環境制御学研究室のメンバー 2018年10月現在 [#oea4933d]
|CENTER:20|CENTER:60|LEFT:100|c
|教授|[[大槻恭一>http://www.forest.kyushu-u.ac.jp/~otsuki/index.html]]|森林流域における水・熱・物質循環|
|准教授|笠原玉青|1.河川生態系における河川間隙水域の役割 &br;2.降雨−流出&流路‐河畔における水循環の関係|
|准教授|[[菱 拓雄>http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003168/index.html]]|1. 森林の生産性と土壌の有機物分解機能の関係 &br;2. 土壌分解者群集の多様性維持機構|
|准教授|[[智和正明>http://www.forest.kyushu-u.ac.jp/staff/chiwa/chiwa/Welcome.html]]|1. 陸域の窒素循環 &br;2. ラワンブキ巨大化の原因を探る|
|准教授|久米朋宣|1. 森林生態系の水・炭素循環 &br;2. 森林管理の影響評価|
|助教|[[片山歩美>http://www.geocities.jp/ayu_minn_ayumi/]]|竹林(福岡)、ヒノキ林(福岡)、針広混合林(北海道)、熱帯雨林(マレーシア)における炭素循環|
|助教|市橋隆自||
|助教&size(7){(特定プロジェクト教員)持続可能な社会のための決断科学センター};|井手淳一郎|1. 森林における溶存有機物の分子多様性の解明 &br;2. 河川流域におけるリンの流出起源の推定|
|D1|ジョン フンソン|Comparative modelling on canopy interception loss in a monoculture stand for Japanese cypress ('''Chamaecyparis obtusa''') |
|D2|ジョン フンソン|Comparative modelling on canopy interception loss in a monoculture stand for Japanese cypress ('''Chamaecyparis obtusa''') |
|M2|久保朋也|有機物貯留量からみた河川間隙水域の機能評価|
|M1|下野 皓平|モウソウチクとスギの斜面における窒素蓄積量・吸収量の違い|
|M1|彭 瑞欣|山地渓流における有機物分解の測定について|
|M1|楊 茹|窒素沈着が森林生態系の物質循環に与える影響|
|M1|ソモー||
|B4|鷲江 祐槻|山地渓流におけるサワガニの生息場選好性|
|B4|上森 教慈|標高の変化によるハチ群集の機能的形質の応答|
|B4|川上えりか|ニホンジカの食害による下層植生の変化がリター分解に与える影響|
|B3|長野 菜穂||
|B3|山田 侑加子||
|研究生|劉源源||
*研究室OB(2016年度以降) [#ua3eef17]
|2017年度修士修了|張 璐|窒素飽和した森林におけるリン沈着量の計測|
|学術研究員(2017年度)|篠塚賢一|公共水質データを用いた大気窒素沈着が河川水質に与える影響に関する全国解析|
|2017年度博士修了|孫 昊田|環境変動下における源頭部森林小流域の時空間流出形成機構|
|2016年度修士修了|李 彦達|山地渓流のダム下流区間における有機物分解の季節変動 -Cotton-Strip Assayを用いて-|
|2016年度学士卒業|古賀 瑞樹|治山堰堤が渓流における有機物の滞留と破砕に与える影響について|

#ref(pageadmin/3070.JPG,center,120%)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS